ECO-DRIVE
コンプリケーション

BZ0030-16E

CAL.G910

地焔(つちのほむら)

¥400,000+税

ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、1/4秒クロノグラフなど、グランドコンプリケーションとも呼べる機能を搭載。
いくつものパーツと、漆塗りよって物語を紡ぐ文字板が、圧倒的な存在感を放つ。
「地焔」は朱色と黒色の漆を使ってマグマの燃えさかる様子を描き、地球のはじまりを表現している。

漆塗り文字板
価格 : ¥400,000+税
精度 : ±15秒/月
ケースサイズ : 径44.6mm 厚さ15.9mm
ケース素材 : ステンレス
ガラス : デュアル球面サファイアガラス(無反射コーティング)
バンド : ワニ革 三ツ折れプッシュタイプ中留
原産国 : 日本

ミニッツリピーター機能 / パーベチュアルカレンダー / クロノグラフ / 24時間表示機能 / エコ・ドライブ(光発電フル充電約12ヶ月駆動) / 過充電防止機能 / エコマーク商品(環境保全商品) / 日常生活用防水 / 3年間メーカー保証

ミニッツリピーターの音色(*3時34分)

00:00

操作ガイド

地球の誕生を描いたダイヤル

テーマは「天地開闢(てんちかいびゃく)」。天と地に分かれ、地球が誕生する物語を漆塗りによって紡ぎ出す。「地焰(つちのほむら)」では地殻の形成が始まったころのマグマの燃え盛る様子を朱色と黒色の漆を使い表現。一方、「魂耀(こんよう)」では過酷な環境から生まれた生命の強さと輝きを、螺鈿(らでん)技法を用いて描いている。

9体構造の文字板によって生み出される「宙空の美」

立体成型した下板に漆受け上板を重ね、その上に漆板を固定する。そして4つのサブダイヤルをそれぞれ別体パーツで配置し、五徳リングを5本のネジによって浮かび上がるように固定。最後に挽き目見返しリングを重ねることでカンパノラの特徴でもある宇宙空間を連想させる超立体的な文字板が完成する。

カンパノラ特有の美しい曲面

ケースの最大の特徴はケースラインに沿ったプッシュボタン。ケース側面と同一のRを取ることで美しい曲面を際立たせている。デュアル球面サファイアガラス、バンド下のフラップ、裏蓋のコインエッジ形状の飾り縁などのカンパノラの特徴は継承している。

パーペチュアルカレンダー

2100年2月28日まで「大の月、小の月」「4年に一度のうるう年」の煩わしいカレンダー修正の手間を必要としない。
① 11時位置のサブダイヤルで曜日を表示。
② 9時位置のサブダイヤルで経年表示。
③ 6時位置のサブダイヤルで月を表示。
④ 4時位置の小窓で日を表示。

ページトップに戻る