匠の技を磨く。

MECHANICAL
COLLECTION

メカニカルコレクション

ラ・ジュー・ペレ (La Joux-Perret SA) 社の機械式ムーブメントを搭載した、カンパノラ メカニカルコレクション。
スイスのラ・ショー・ド・フォンにある同社は、多くのハイエンドブランドにムーブメントを提供し、卓越した技術と高いクオリティで知られる。
時計職人がひとつひとつ丹念に部品を組み上げた心臓部は、まさに匠の技と呼ぶにふさわしい。
精緻なメカニズムが、美しい時を刻む。

メカニカルコレクション
クロノグラフ

ラ・ジュー・ペレ(La Joux-Perret SA)社の機械式クロノグラフムーブメントを搭載。文字板中央部には和紙を連想させる繊細なパターンを配置。外周部や3つのインダイヤル部のパターンとあわせ、電気鋳造技法によって緻密に表現している。スポーツウオッチとはひと味違う、クラシカルな装いのクロノグラフ。スイスの機能美と日本の造形美の競演。

メカニカルコレクション (漆文字板)

ラ・ジュー・ペレ(La Joux-Perret SA)社の機械式ムーブメントを搭載。
そして会津漆の伝統工芸士、儀同哲夫氏が丹精をこめて漆の文字板を制作。スイスと日本の匠の技が、ひとつのかたちに融合しました。

日本が世界に誇るクラフトマンシップ。
漆は、時を超えて生きつづける。

カンパノラの魅力のひとつである漆塗りの文字板。
英語でJAPANと呼ばれる漆は、文字どおり日本が世界に誇る匠の技である。漆は採取できるまでに20年という時間を要し、一本の木からたった一度、わずかな量しか採れない。その一滴も無駄にせず、工芸家が丹精をこめて芸術へと昇華させる。縄文時代の装飾品が現存することからわかるように、それは時間を超えて美しさを保ち、生きつづける。

儀同哲夫 Tetsuo Gido

昭和23年、会津若松市生まれ。伝統工芸士として会津漆器の伝統を守り、新たな可能性を追求している。またその技を次の世代に伝えるべく、後進の育成にも情熱を傾けている。平成14年よりカンパノラの漆塗り文字板を制作。
メカニカルコレクション

ラ・ジュー・ペレ(La Joux-Perret SA)社の機械式ムーブメントを搭載。
クラシカルなシルバーとスタイリッシュなブラックが用意された文字板は、電気鋳造技法によって和紙や砂紋などの繊細なモチーフをきめ細かなディテールで表現。

ページトップに戻る